読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

よく払い、よく怒れ

知り合いのツテで税理士先生に会ってきた。
不動産を持っているにも関わらず確定申告を
サボってきた僕は、意を決して確定申告を
することにした。どうせ避けては通れない道だ。
せっかく買ったのにもったいないしね。

サラリーマンであれば、源泉徴収という仕組みで
給与から税金が自動的に天引きされている。
なので、あまり納税という感覚はないのが普通。
確定申告をしなくても年末調整という形で
勝手に還付される。本当に素晴らしい仕組みだ。


自営業者や社長さんは従業員なんかより
よっぽど税金の仕組みに精通している。
そして、おしなべて節税に余念がない。

大企業の節税スキームと言えば、我らがGoogle
AppleAmazon.comも大々的に行っている
「ダブルアイリッシュ&ダッチサンドウィッチ」
なんかは有名な手法なのではないだろうか。
噂によると、ダブルアイリッシュについては
去年の税制改正で実質終了したらしいけど。


すげぇ仕組み。よく分かんないけど。
節税のためにここまでやるんすか、先生。

f:id:hNeumann:20160224234147p:plain


大企業でない中小企業でも、ある程度あるいは
それ以上の節税努力をしていることだろう。
個人でも不動産を所有している人、あるいは
ビジネスを行っている人であれば、必ず
確定申告を行うべきだ。そう、僕のように、
速やかに税理士先生に相談することを推奨する。


…まぁ、ここまで書いといてなんなんだけど、
個人的には、儲かっている人はある程度は
多めに税金を納めるべきだと考えている。
全ての国民は必ず税金の恩恵を受けているんだから。
それに、そもそも納税は国民の義務だしね。

節税は悪ではない。悪いのは、知っている人なら
誰でもパカパカ節税が出来てしまう仕組みだろう。
国が定めた法律には、意外なほど抜け穴が多い。

税金をしっかり払い、税金の使われ方をしっかり
考えるのが国の正しい在り方ではないかと思う。
正直者が馬鹿を見る社会なんておかしいじゃん。
相互扶助という考え方は素晴らしい概念だ。
(怠け者を増産するという負の側面もあるけど)


…なんて意識高い系のエントリーなんだ。
僕ももう少し政治や経済に興味を持とうかな。