読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

過去に生きる人よ

以前、「アイウエオフィス」の本田健さんの
講演に行ったときの事を書こうと思う。


本田健さんが執筆している本は何冊か
読んだことがあるが、実際に拝見したのは
このときが初めてだった。

シンクロニシティ」がどうとか
「次元上昇」がどうとか、
なんか色々お話をされていたが、
自分が心に残った話をここでは書き記しておきたい。


それは「未来志向」の話だ。


人は誰でも、過去があるから現在がある。
そして、現在があるから未来がある、と。
単純な時間軸を思い浮かべてくれればいい。

その時間軸のイメージは、
「過去志向」や「現状志向」のイメージだ。

過去や現状をベースに考えて、未来は
こういう風に形作られていく、というイメージ。
これは、知らず知らずの内に、
自分の可能性を狭めてしまう考え方らしい。


「未来志向」のイメージは少し違う。

過去から現在へ時間が流れていくのではなく、
未来から現在へ時間が流れてくる。

パラレルワールド」というのは確かに存在し、
失敗、妥協、惰性、凡庸、幸福、成功、etc…
遥か遠い先から無数の未来が流れてくる。
その中から、どんな未来がいいか自分自身で選択し、
その未来をその手ですくい取る。

そんなイメージだ。


過去や現状に囚われず、好きな未来を自由に選べる。
そう思ったら少しワクワクしてこないだろうか。

こういう精神論チック?な話を
不快に思う人もいるかも知れない。
「いやいや馬鹿なの?無理でしょ常識的に考えてw」
と。

もちろん、思うだけでそうなったら誰も苦労しない。
「自分の望む未来をすくい取るためには、
 現在、何に時間を費やせばよいか?」
これは、そういう風に考える思考習慣の話だ。


確かに、過去の経験や生き方は、当人にとって
何物にも換えがたい大切な財産だ。しかし、
過去や現在がこうだから未来はこうなる、というのは
あまりにも欲が無さ過ぎるというものだろう。


将来こうなりたい。
だから今これをする。

書いてみればただそれだけの陳腐な話だ。でも、
何か考え方を変えるきっかけにならないだろうか。

Stay Futuristic!!(未来志向であれ!)