読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

焼け野ヶ原で春を待つ

いつもの東京出張が終わり、時速300kmで帰阪中。

f:id:hNeumann:20161112204347j:image
 
いつもなら土日を股がって翌週月曜日に
帰路へついていたのだが、今回は日曜日に
どうしても外せない用事があり、土曜日で
仕事を終わらせてもらったワケである。
 
というか、予定があることは前々から上長に
伝えていたはずだが、それが無きものとして
棄却されていたことに少し憤慨している。
本来、この週末の作業メンバーから外れて
家でゆっくり過ごしたかったのに、これも
サラリーマンの宿業…
 
仕方がない。
僕はソフトウェア開発がメイン業務だけれど、
サーバー構築、ラッキングやケーブリング、
ネットワーク設定もミドルウェアのトラブル
シューティングもできる、よく言えば多才、
悪く言えば器用貧乏な技術者で、そのうえ
僕の単価はそれほど高くない。そのため、
うちの部内では、安くて使い勝手がよい、
稀有な人材として評価されているようだ。
 
別に構いはしない。そのせいで週末にサーバー
構築のために、ほぼ毎週のように東京へ
駆り出されて土日が潰れることも厭わない。
しかし、スケジュールに振替休暇の予定が
組み込まれていないというのは如何なものか。
忙しいのは分かるが、自分の権利も行使したい
なかなか上手くいかないものだ。
 
 
今の部署は、たぶん他の誰の目から見ても、
運営の限界に達してきているように思う。
変わらないマネージャー、育たない後継者、
人員不足、スキル不足、無駄な会議、古い体制、
コミュニケーションロス、責任転嫁…
 
誰が入っても変わらないこの状況を、
天上人たちはどう考えているのだろう。
僕が入社した時からずっと変わってない、
この焼け野原はいつ再生されるのだろうか。
 
願わくば、季節が巡って春が訪れる頃に、
スミレが咲き誇る春の野のように、強く気高く
そして優しいプロジェクトになっててほしい。
まぁ無理だと思うけど。