読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

小さな命に愛の手を

忌々しい東京出張最後の夜を過ごしている。
つっても、来週もまた東京に行くんだけど。
こんな状態で、本当に代休を消化しきれる
だろうか。不安である。

昨日までの客先サーバー作業も一段落し、
今日は東京でゆっくり過ごそうと思っていた
矢先、朝から僕のスマホに着信があった。
大阪のうちの部署からだ。

そういった朝からのドタバタに巻き込まれた
からなのか、連日のハードワークが祟った
からなのか、鬼のように冷え込む通信室の中での
作業で体調が悪化したせいなのかわからないが、
今日はあまり外を出歩くこともなく、ホテルの
中でただただひたすら眠っていた。勿体ない…


思うように体が動かずイライラしていた僕は、
ホテルの近くの野良猫にエサをあげにいった。

f:id:hNeumann:20161023233753j:plain



僕が今滞在している街は、都内だというのに
夜は結構閑散としている静かな街だ。
少し歩けば風俗街もあったり、夜に出歩けば
怪しげなマッサージ店、大陸系のお姉様方、
大きな荷物を抱えた家出風の少女など、中々の
場末感を漂わせる、実に僕好みの街だ。

僕が泊まっているホテルも、豪奢でも小粋でもない
小さなホテルで、清潔感はあるものの、どことなく
歴史を感じさせる古ぼけた安ホテルで、立地も
かなり路地裏の奥まったところに存在している。
そして、周りにはかなり野良猫が多い。


僕は、イライラすると小動物と戯れに行く、という
特殊な性癖に苛まれており、今の住まいである
京橋のマンションの周りにも野良猫がたくさんいて
時々彼らにエサをあげて慰めてもらっていた。

無論、野良猫にエサをあげる、という行為は
下記の理由で条例で禁止されている場合が多く、
場合によっては通報されることもあるらしいので
注意されたし。

  • 糞尿や鳴き声等で近隣住人が迷惑だから
  • 猫は繁殖力が強く、殺処分を助長するから
  • エサだけあげてハイサヨナラは無責任だから

ちなみに、僕が住む大阪市では、罰則付きの餌やり
禁止条例は制定していないし検討もしていない。
しかし市としてもこの野良猫問題を放置している
わけではなく、「街ねこ制度」を実施している。


野良猫への無責任なエサやりはNG。勿論そうだ。
一時の自己満足が結果的に猫を保健所に追いやる
形になるからだ。それはきっと愛猫家としても
ハッピーな結末ではないだろう。

人間は社会的動物だ。
猫に対する思いは人それぞれあれど、
人間社会に迷惑をかけてはならない。
皆で決めたルールの上で動かなければならない。
今後は餌やりも控えよう。去勢手術も考え中。

ちなみに当ブログでは、大阪の動物愛護団体
『LoveFive』を勝手に応援しています。
(寄付もしてます)
皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。