読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

炎のさだめ

以前所属していたコミュニティといったん
距離を置いていた僕は、最近は全く別の
コミュニティに参加している。

ちなみに、距離を置いているとは書いたが、
前のコミュニティから離脱したつもりはない。
資産構築や思考習慣について色々教えてもらった
恩は忘れてないし、資産的な意味では今でも
お世話になっているからだ。大変ありがたい。
向こうに見限られたらそれまでの話だけど。


別のコミュニティに参加するという行為は
裏切り行為に該当する行為なのだろうか?
僕は全く裏切り行為だとは思っていない。

僕は身銭を切ってセミナーに参加していたわけで、
それは完全に僕の選択である。そして、そこから
離れたことも僕の選択であり、そこにはまったく
裏切りという要素はないと思っている。


そもそも裏切りという行為が意味するものは、
「敵に味方して、元々の仲間の敵になる」
という行為を指すものだ。

ゲットバッカーズという漫画に登場した
史上最強最悪の運び屋・赤屍蔵人のように
「裏切り者…?私は誰の味方でもない…
 だから私は裏切り者にはなりえない」
的なセリフを言ってみたいものだが、
実力のない僕が言っても寒いだけである。

前のコミュニティへの本当の意味での裏切りは、
夢を諦めてこのまま大人しくサラリーマンを
続けることだろう。それも悪くないけどね。
とりあえず、私は元気でやっておりますよー。


最近参加しているセミナーは、今後ビジネスを
していくことを念頭においた非常に実践的な
セミナーだ。少しでも早く自分も始めたいと、
うずうずした気持ちが止まらないでいる。
しかし、色々と心配していることも多い。

随分前のエントリーでも書いたが、
「期待は感情の借金」なのだ。今の高鳴りは
ただの感情の前借りで、この小さな野望の炎は
いつ消えてもおかしくないほどに頼りない。
それくらい僕の感情の絶対量は少ないのである。

前のコミュニティは信用できた。
今のコミュニティも信用できる。
一番僕が信用していないのは自分自身だ。
いい加減で気分屋で、熱しやすく冷めやすい。
そんな人間の本気がいつまで続くのだろうか。


とりあえず今は、目の前の課題をこなすのみだ。
ガソリンが切れるまで突っ走ってやろうと思う。

この、小昏く蒼い、温度も低い炎が消えないように。