読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

眠れぬ夜を抱いて

以前の記事で、僕は
「先行販売のEthereumが送金できねぇ!」
と酷く憤慨していた。


使っていた取引所は、Ethereumの取引もできて
日本語にも対応している『Kraken』である。


僕はここ数日で、一身上の都合によるものだが
なんとしても換金したいという思いがあった。

Ethereumもそうだけど、暗号通貨ってやつは
現時点では実用性に乏しく、あくまで投機的な
手段でしかなかった。もちろん僕も投機的な
目的で購入したわけだが。

しかし、Ethereumネットワークへのアタック事件、
度重なるハードフォークを行う不安定さ、何より、
今後Ethereumは値上がりしていくだろうとは
思いつつもやはり目先の日銭に目が眩んだ僕は、
今所有している分をさっさと売っ払って、次なる
投資への資金にしたいと考えた。市場が上向きに
なる事をただただ祈るだけの投資なんてごめんだ。


しかし、以前の記事に書いた通り、先行販売分の
json形式のファイルウォレットから送金するための
専用ページ(Kraken開発ツール)からは、
"Deposit failed: Invalid params"
という不穏な文字に僕の送金は阻まれた。
ちなみに送金用サイトは下記。

Claim your ether pre-sale wallet


いつまで経っても一向に送金できない状況に
耐えかねた僕は、Krakenのサポートへ問い合わせた。
極力24時間以内に返信します、と書かれていたが、
夜に問い合わせをして、次の日の朝には返信が来た。
なんという強力なサポート体制。

なんでも、Krakenの送金用サイトが利用できない
場合は、下記サイトから送金できるという情報だ。

f:id:hNeumann:20161022071520j:plain

 

やってみたら本当にできた。素晴らしい!
ガスコストやら手数料やらがかかったものの、
僕が所有する1,910 ETHが紛れもなく送金できた。

※Krakenサポート担当のAlan氏によると、
 ウォレットサイトはフィッシング詐欺
 横行しているらしく、送金の際は注意されたし。

こうして無事に送金ができた僕は、
それを売っ払って日本円に換えた。
…もっと値上がりするかも知れないのになぁ、
という逡巡ももちろんあったが、先立つ資金が
必要だし、背に腹は代えられない。

そして今、Krakenのアカウントから僕の
銀行口座へ入金待ちの状態である。
せっかく換金できたのに、これで銀行口座に
移せなかったら元の木阿弥、本当は土日を
跨ぎたくはなかったが、致し方ないことだ。

かくして僕は今もこうして、本当に銀行へ
反映されるかどうか不安な夜を過ごしている。
この精神状態では、今日の仕事にも影響が
出かねない。あぁ心配。杞憂だといいけど。


はてなでは、『墨汁うまい』さんが運営している
『墨汁の暗号通貨情報』が大変参考になる。


暗号通貨はまだあまり社会に浸透していないので
結構専門的な内容になっているが、ここの速報は
本当にタメになる。半分くらい理解できないけど。

上記ブログではBitcoinあるいはEthreumの寄付を
募っているが、残念ながら僕は1円分の寄付すら
できていない。心ある人は、心ない僕に代わって
気持ちばかりの寄付をしていただけたら幸いである。
特典もあるし。