読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

偽物だから消える

Amazonプライムで映画『紙の月』を見た。
『八日目の蝉』の作者である角田光代さんの
ベストセラー小説が原作だそうだ。
監督:吉田大八、主演:宮沢りえ

f:id:hNeumann:20161011235857j:plain



以下、関連サイト・ブログをご紹介。
※リンク先はネタバレあり!


ざっくりストーリーを書くと、銀行の契約社員である
梨花宮沢りえ)が大口顧客の孫と不倫関係に陥り、
彼のために横領に手を染めていく…という感じだ。
(我ながら本当に簡単なあらすじである)

角田光代さんの本は今まで読んだことがなかったが、
この作品は一時やたらツタヤの広告で流れており、
僕の中でなんとなく見たい作品になっていた。


いざ見てみると、色々と思う所はある。
「不倫するの早すぎ」とか。
「よく警察から逃げ切れたな」とか。
「主人公の手癖の悪さは天性のもの」とか。
「2階から飛び降りて全力疾走とかマジかよ」とか。

与えることによって庇護欲を満たす梨花の善意は、
すべて誰かの犠牲の上に成り立つ善意だった。
そんなものは善意でも何でもないただのオナニーだ。
それも、とんでもなくはた迷惑な罪深きオナニーだ。
そういえば、この映画は濡れ場が多かったな…


退屈だったはずの日常は目紛るしく変わっていく。
そこで得られた幸福は仮初めの幸福であると自覚
していて、偽物だからいつか消えると分かっている。
でも彼女は自分を満たす方法をこれ以外に知らない。

梨花は、高校時点で「善行とは何か」についての
価値観が著しく歪んでいる。高校生ともなれば、
人としての倫理観も備わっていてもいいはずなのに。

救いたい人が目の前にいた時に、善悪の見境なく
盲目的な行動をとってしまうのは、周囲にとっては
迷惑以外の何物でもない。救いの手が汚れていると
知った時、その人はきっとその手を取ってくれない、
と彼女は思わないのだろうか。


いずれにしても、彼女の行動は全て否定されるべき
ものだし、ラストシーンの後味もそこそこ悪い。

しかし、映画としては非常に面白いし、素人目でも
構成や見せ方が上手い。役者の演技も素晴らしい。
何より僕は、こういう人間の鬱屈した昏い部分が
見える映画は結構好きなので、オススメである。


最後に、この作品の登場人物・隅さんのセリフが
非常に印象に残ったので書いておく。

幸せだから横領したの?
信頼してくれた人裏切って、

好き勝手にお金使って、
自由ってそういうこと?


確かに偽者かもね、お金なんて。
ただの紙だもの。

だから、お金では自由にはなれない。

…あなたが行けるのは、ここまで。


名シーンだと思った。
ご視聴されてない方は、ぜひ。