読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

球空間は既にここにあった

コムズガーデンの英國屋を出て、
ようやく家に帰った。

英國屋で何をしていたのかというと、
朝活で知り合った女の子と会っていたのである。
(決して不純な動機ではないので悪しからず…)

その子は物凄く頭の良い子で、
コーチングの勉強にも余念がない。
非常に意識が高いので、僕も見習いたいものだ。
朝活に来る人って意識が高い人が多いんだけどね。
半分ノリで主催している僕とは大違いだ。


相談内容というのは、HP作成に関する相談だ。
僕も朝活を主催で初めて1か月くらい経つが、
「HP作成の相談に乗りますよっ」
と言うと、相談にきてくれる人は案外多い。
やっぱ需要ってあるんだなぁ…

これで飯を食っていきたいところだが、
半分趣味のようなものなので今のところは
個人の相談に関してはお金を取るつもりはない。
もちろん内容にもよるけど。

なんせ、お金を取り始めると、当然
プロとしての完成度が求められる。
タダだからといって手を抜くつもりはないが、
やっぱお金をもらってやる場合とは
責任の重さが変わってくる。
単にお金を取ることにビビっているだけである。


そうは言いつつ、実は僕は以前は
法人(と言っても個人事業主だけど)に対して
HP作成の受託開発を個人でしていた時代がある。

当時はクライアントの都合で
「ホームページビルダー」という
HP作成ソフトを使っていた。

ATOKでお馴染みのジャストシステム様が誇る
代表的なソフトである。

…ソフトのせいにするつもりはあんまりないが、
出来上がったサイトは割とお粗末なものだった。
それでもちゃっかりお金を取っていたんだから、
当時の自分はそこそこ図太かったようだ。

結局は大して金にはならなかったし、
店長と喧嘩別れしてやめちゃったけど。


その後も何度かHPを作成し、今では
ある程度まともなHPを作成できるようになった。
飯を食っていくこともきっとできるだろう。
しかし、受託開発を個人で請負うのは、
労働収入であることには変わりはない。
僕がよく言ってる不労所得の対極的存在だ。

それでも、敬愛する平城寿さんへの尊敬の念は
いまだ衰えず、むしろ強くなってきている。
(昔、個人でHP作成の請負いをしていた人だ)


最近の平城さんは、流石にもう受託開発は
されていないと思うが、どうしても僕は
ノマドスタイルに憧れてしまうのである。
意識高い系だって?なんとでも呼ぶがいい。

今日はこっちが相談に乗ってあげるはずが、
ちゃっかりコーチングまでしてもらった。
もはやどっちがクライアントか分からない。
そうか、これが『球空間』なんですね!
平城先生!!

f:id:hNeumann:20160705000327j:plain


…この認識合ってんのかな。
平城先生ェ…


はぁ。
自分の夢を認めて踏み切るのは
なかなか勇気がいるもんだ。

あと一歩なんだろうけどなぁ…