読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

仕事上手は床上手

Study

今日は久々にセミナージプシー・デーだった。
「友だちひゃっくにんでっきるかな♪」的な
気持ちで臨んだ珠玉のジプシー精神。
要は人脈を広げたかっただけである。


午前中はいつぞやエントリーに書いた
Youtubeビジネスに関するセミナーだ。
このセミナーは結局情報商材の販売セミナーで、
白石達也さんという若き実業家が代表をされている
「ランドオブハンモックユーチューバー」
とかいうコミュニティへの勧誘が目的だ。


上記のサイトだけを見ると非常に香ばしいが、
商材自体はおかしなものではないと感じた。
Youtubeの特性を逆手に取った非常に再現性の
高いビジネスで、これを始めたらそこそこの
お小遣いは稼げるのではないかと思う。
白石さんのマインドセットにも触れられるだろう。

僕はこのセミナーの内容は1回聞いてるし、
そもそも友達作りが目的で参加したワケだが、
残念なことに今日の参加者は僕一人だけだった。

ちなみに、参加者が僕一人だけだということは、
朝、家を出る前に講師からの電話で発覚した。
「お一人ですので、カフェで二人で会いましょう」
もはやセミナーですらなく、ただの朝デートだ。
しかしまぁあれだ、参加者がいないなら講師と
仲良くなればいいじゃない。僕は俄然強気だった。

行ってみれば、可愛らしい年上の女性の方だった。
しかも、概要だけさらっと話すのみで、以前参加した
セミナーのような内容の濃さはなく、お互いの現状や
世間話でほとんど終始してしまった。
なんじゃこりゃ、ほんまに朝デートやんけ。
確かに当初の目的通りではあるが…


朝デートで気をよくした僕は、梅田で昼飯を食べて
すぐに2件目のセミナーに向かった。その内容は、
いま流行りの民泊ビジネスについてのセミナーだ。

Airbnb(エアビーアンドビー)という
Webサービスをご存じだろうか。

年々増加している日本への外国人旅行者と、
宿泊者を探している不動産オーナーとの、
民泊用マッチングサービスである。


このセミナーはつまるところ、民泊を用途とした
投資用不動産の販売を目的とするセミナーだった。
話を聞けば、いわゆるサブリース契約と言われる
転貸目的の不動産経営よりも、民泊用の不動産の方が
利益率が高いというもので、僕は当初の目的を忘れ、
思わず話に聞き入ってしまった。

不動産オーナーが最も恐れているのは空室リスクだ。
民泊という性質上、空室の期間が出来やすいのでは
ないかと勘繰っていたが、実績としてはだいたい
稼働率は80%ほどで、問題なく利益は出るそうだ。
しかし、民泊というのがただのトレンドであれば、
その需要がいつまで続くか分からないという点が、
先行きの不透明さという懸念材料として残る。

いずれにしても、1ルームのオーナーは今では
大阪で飽和状態で、苛烈な価格競争下にあるようだ。
1ルームはオワコン。これからの民泊は戸建てだ!
と、講師の方の鼻息がいっそう荒くなってきた。

講師の不動産トークにどんどん熱が入り、それに
誘発された僕もどんどん過激でグレーな熱い質問を
ぶつけまくった。気付いた時には他の参加者は
みんな帰っており、残された僕は不動産業者と、
新しい物件を見に行く日程の調整を行っていた。
あれ…友だちは…?みんな帰っちゃったの…?


こうして今日の僕の目的は達成されることもなく、
一人の友達すら出来ずにオメオメと帰ってきた。
あまりにも悔しくて帰り道にナンパを試みるも、
持病であるヘタレ病が発症して地蔵に陥る始末。

誰が言ったか、「仕事上手は床上手」*1
完全に下ネタだが、これはまさしく真理だ。金言だ。


くっそー、悔しい。もう友達なんていらねぇ。
なんとしてでもナンパを成功させてやる。

*1:「床上手」ではなく「恋愛上手」かも。