読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

力が欲しいか?

力が欲しいのなら…


く れ て や る ! !


ご存じの通り、『ARMS』という漫画に出てくる
ジャバウォックのセリフである。知らなかったら
ネットで色々とネタにされているので見てほしい。
馬鹿馬鹿しいネタが満載だから。
(ちなみに漫画は普通に面白いのでオススメ)


力が欲しい。世界を滅ぼす力が欲しい。
いや、そんな力は別に欲しくないが、多少飲みに
行っても問題なくたまにお気に入りのブランドで
服やカバンを買って家賃および生活費を支払っても
なお余裕のある安定した経済力が欲しい。ゴクリ。
(上記リンクのコピペの丸パクリ)

そうした経済力を確固たるものにするためには
昼の仕事をしているだけでは絶対に無理なのだ。
何か別の収入源がないと…

そうして人は色々と副業の道を模索する。
物販、ヤフオクアフィリエイト
株、不動産、ネットワークビジネス
ちなみにこのブログは悲しいほどアクセスが
少ないため、収益化は想定していない。
つーか、したくてもできない。悲しい。


力が欲しい。お金を作る力が欲しい。
そして、普通にサラリーマンをしているだけでは
中々気づきにくい所に、欲望を充足させる力の
ヒントは割と色々と転がっていたりする。
中には詐欺まがいのものもあったりするけど。

去年の秋に而立(じりつ)、つまり30歳を迎えた。
このまま平々凡々と暮らしていくのもラクだろう。
しかしまぁ、一度きりの人生だ。力を得るために
最期まで足掻いてやろうじゃないか。30歳とはいえ
僕は花の独身貴族。所帯を持たない身なので
とるべき責任は自分の人生のみ。気楽なもんだ。
何があっても全然やりなおしは効くし。


力が欲しい。語学力と技術力が欲しい。以前の僕は、
うちの会社をクラックする力を身に付けてシステムに
侵入して極秘データを閲覧し、その痕跡を敢えて
残して会社からその責任を糾弾され、失意のうちに
会社を辞める、というストーリーを描いていた。

しかし、そもそも自分にはそんな技術力はないと
悟った瞬間、描いていた夢は瞬く間に雲散霧消、
朝日とともに消える朝露の如く散っていった。
なので今では、ガッツリ副業で儲かって
それが会社にバレて失意のうちに会社を辞める、
というストーリーを虎視眈々と目論んでいる。


力が欲しい。人ったらしのトーク力が欲しい。
もっと言えば、万人を受け入れ、数多の災厄や
受難の日々にも耐えうる懐の深さ、包容力が欲しい。
ただでさえ小さな僕の器はおちょこ程度のもので、
熱燗を注ぎ過ぎたら見る見るうちに溢れてしまう。
見るも無惨なキャパオーバー。熱燗がもったいない。

力が欲しい。霊能力や超能力が欲しい。
今までの流れはガン無視だが、割とガチで欲しい。
そんな能力があれば、それを売りにして反モラル的な
ビジネスを生業にすることもできそうだ。
なんという虚しいだけの厨二的想像力。欲しくない。

力が欲しい。何物にも負けない強い力が欲しい。
ダラダラと自分を甘やかさない自制心が欲しい。
既に賽は投げられている。あとは差し伸べられた
その手を取るだけなのだ。その力は、きっと僕を
遥か遠い高みへと導いてくれることだろう。
今の自分には想像すら及ばない遠い場所へ。