読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

銀の匙を贈りたかった

Employed

今日は会社の部会があった。
その際、兼ねてから企画していたことを実行した。
部長と先輩への出産祝いプレゼント企画である。

先輩は去年の12月に、部長は今年の1月に
お子さん(第一子)が生まれたということで、
部員一同なんとか出産祝いを渡したいと思って
水面下で画策していたワケである。


企業勤めの人なら分かると思うが、
この手のお祝いイベントは意外と多い。

そして多くの会社員は、
「もちろんお祝いはすべきだと思うけど、
 自分で取り纏めするのはちょっとな~…」
と考えている。

会社員とて、そこはやはり人間。
誰だってめんどくさい役回りは避けたがるものだ。

かくして、そういっためんどくさい役回り
僕のような下っ端に回ってくるのである。
くそっ、みんな本当に好き勝手言いやがって…


本来、こういった企画は、個人的には
プライズ性が重要で、当日まで本人に
黙って進めていくケースが多かった。

しかし、色んな人に話を聞くと、出産祝いは
他の人からのプレゼントと物がかぶったり、
いらないものをもらったりするケースが
どうやら物凄く多いらしい。

うちの会社の主婦層にも聞いてみた。
出産祝いを贈るとしたら何がいいか。
「うーん…。私なら、どんなものを貰っても、
 『いや買う前に言えよ』って思うかな。」
なんと!出産祝いは相談ベースで買うものなのか!
まぁこれは場合にもよるんでしょうけど…


と、いうわけで、今回はサプライズ性を犠牲にし、
予算内で当人たちが望むものを事前に聞き出し、
調達し、本日無事に渡しましたとさ。

まぁ、その当時は『銀の匙』という漫画に
ハマっていたので、本当なら銀のスプーンを
贈りたかったのだが。そのことを女性に言うと、
「…奥さんは絶対『いらねー』って思うよ」
とのこと。えー、マジでー。


いいと思うんだけどなぁ、銀のスプーン。