読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

帰郷迎春

旧年中はひとかたならぬご厚情にあずかり、
皆々様へは謹んで新春のご祝詞を申し上げます。
なんつって。ビジネス文書ぶってみる。


大晦日から地元の滋賀県に帰って年越しを迎え、
おせち食ったり初詣に行ったりと、まぁ人並みの
正月生活を過ごしましたと。

初詣は、母親・兄家族と三井寺園城寺へ。

初詣なんだから神社を訪れるべきだと思ったが、
参拝であれば神社でも寺でもいいらしい。
ふーん、そんなもんなのね…


その後は京都の新京極へ買い物へ行き、
その後は父方の祖母のマンションへ挨拶に。
…相変わらず、馬鹿みたいに豪奢な
タワーマンションだ。ちなみにこれ夜景ね。

f:id:hNeumann:20160103000646j:plain


祖母の家に行くと、口を開けば
「早く結婚して孫の顔を見せろ」
「私の目の黒いうちに嫁の顔を見せろ」
「結婚しろ結婚しろ結婚しろ結婚しろ結婚(ry」
な感じなので、正直めんどくさくて
あまり行きたくないのだが、正月だしな…


祖母は昭和9年生まれ。
幼少時、焼夷弾の戦火の中を掻い潜り、
木の根を齧って命を繋いだという、
世界大戦を知る歴史の生き証人だ。

小学生の時分に日本は敗戦を喫し、
その後は史実の通り、GHQによる
占領政策を日本政府に施行させた。

教育制度が変わっていく様を
当事者の口から聞くと重いのなんの。
しかしまぁあれだ、その話は一体何回目だ。


戦時中の日本を知る人間にとって、
今の日本のなんと豊かなことだろう。

月明かりが翳るほどに街は明るく、
虫の声の代わりに音楽が街に流れ、
衣にも食にも住にも困らない街に。

これぞ文明の力。
スバラシイ。
豊かになり過ぎて少し息苦しい、というのは
いささか贅沢が過ぎる物言いなのだろうか。


仕事は4日からなので、休みはあと1日。

やることは決まってるので、
ちゃちゃっと終わらせて
社畜生活を再開しようかね。