読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

当選確率と破産確率

道端で、通りすがりに「サマージャンボ」が
どうとかという会話が聞こえた。

やっぱみんな宝くじって買うもんなのかねぇ…


サマージャンボ2015の発売概要は下記のとおり。

f:id:hNeumann:20150808232902j:plain

サマージャンボ宝くじ2015(第681回全国自治)の当選番号



えっ、1等の5億円が23本も!?
これはひょっとしたら当たるかもしれない…!

しかし母数である発売枚数はどうだろう。
1枚300円で690億円分発売しているわけなので、
単純計算で2億3000万枚。

確率としては1000万分の1。
「雷に撃たれる確率」と同じらしい笑
(参考:いろんな確率


期待値も計算してみる。
計算方法はザックリ書くとこんな感じ。

 ∑(当選金額×当選確率)

…なんかビックリしてる顔文字みたいだ。

エクセルで計算してみると、約91円。
それが実際の販売価格は300円。

なんつー割り損な…


かくいう俺も以前購入したことがある。
一攫千金を夢見て。(もちろん結果は惨敗)

まぁ、宝くじは「夢」を買うものなので、
こういう計算はヤボってもんだ。
所詮自治体の財源だし。


ちなみに、この過酷な運試しで見事に幸運を
掴み取った人は、人生をセミリタイアして
さぞ豪遊しているのだろう、と考えるが、
実際のところその末路は悲惨なものらしい。

参考は下記サイトからどうぞ。

離婚、失踪、殺害、逮捕、誘拐、自殺、etc...
当選者は、こういったものに怯えながら
暮らしていかなければならないのだろうか?

ある統計によると、宝くじ高額当選者の90%以上が、
宝くじが当たる前よりも不幸な人生を歩んでいるそうです。
(上記サイトより引用)

 


1等の当選確率は1000万分の1なのに、
当選者の破産確率は10分の9以上…

うすら寒くて笑えない。


「夢」を買う以外の目的では
宝くじは買わないこった。

それと、もっとお金の勉強をしましょう。