読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

町の小さなパン屋さん

更新が遅れてしまった…

昨日は夕方に寝て午前2時に目が覚めるという、
還暦はおろか米寿を迎えた爺様も真っ青な
謎の昼夜逆転現象が発生してしまった。
もう老化が始まっているのだろうか…


何しよっかな、と考えていたが、いつぞや誰かが
「京橋商店街には午前3時~午前3時
 営業しているパン屋がある」
と言っていた話を思い出した。

それって24時間営業じゃん…どういうこと?

気にはなっていたので、丁度いいし
ヒマだったので行ってみることにした。

職務質問されたらイヤだったので、
ちゃっかり身分証明書は持って行くことに。



草木も眠る丑三つ時。

うちのマンションは、深夜の時間帯は
廊下が消灯されていて真っ暗である。
あるのは非常灯の不気味な緑色の光だけだ。
「ドアが開きます」
というエレベーターの無機質な音声にさえ
ビクッとしてしまう。


チャリで滑走して京橋商店街へ向かう。

商店街のシンボルである「真実の口」が
ぽかんと口を開けて待ってくれていた。
何回見ても意味が分からない。

その近辺では、こんな真夜中でも
ガールズバーの客引きの姉ちゃんが
ちょろちょろといた。

風営法的に問題ないのだろうか、と思うけど、
これがなくなると「京橋らしさ」も失われる。
そうなると、ちょっと寂しい気もするから、
個人的にはそっとしておいてあげて欲しい。


商店街に突入することチャリで1分くらい。
件のパン屋を発見した。
時間は午前3時15分。

f:id:hNeumann:20150803041512j:plain


し、閉まっとる…!!

シャッターも半閉まりで、絶賛清掃中である。
そんな馬鹿な…情報が古かったのか…?
とりあえずパンが買いたかったので話しかける。

俺「すみません」
店「?」
俺「もうお店って閉まっちゃってます?」
店「いま閉めたとこですが…
  あまりものでよければ中へどうぞ」

おぉ!さすが!心が広い!
さっそく中へ入る。


袋詰めになっている菓子パンを購入。
140円なり。安い。
レジでおばちゃんに聞いてみる。

俺「あの…、ここって3時に閉まるんですか?」
店「いえ、うちは24時間営業です」

ほう、やはり。
じゃあなんで午前3時~午前3時という
よく分からない表記をしているんだ…

店「ただ、月曜は定休日なので、
  今日はもう閉めるんですよ。
  明日の午前3時にまた開店します」


そういうことかっ!!

謎が全て解けた気がする。
なんだかスッキリ…
小売に詳しい人からは「そりゃそうだろ笑」
というツッコミをされそうな気がするが…



そして、午前3時30分頃、
夜食だか朝飯だかよく分からない時間帯に
家で朝食を食べるハメになってしまった。
(すぐ食べなくても別に良かったんだけど)

最後に、パン屋さんの宣伝だけ。
手作りパンの店「トリーゴ」。美味しいですよ。

手作りパンの店 トリーゴ|京橋中央商店街ホームページ