読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

夢と自由を求めて

Study
今日は朝から調子が悪かったため、
急遽有給休暇をとったぞド畜生。
(あんまりやっちゃダメなんだけどね笑)
会社でのストレスにやられているのかも知れない…
 
昼からは体調が良くなり始めたので銀行へ行った。
所有している不動産の固定資産税を支払うためだ。
めんどくさかったので一括で支払った。
 
 
 
「不動産を所有しています」
と言うと、結構訝しがる人も多い。
 
「なんかそれ、怪しくない…?」
「絶対詐欺じゃん、やめた方がいいって!」
「うわーこの人可哀想に、絶対騙されてるw」
 
俺も今まで、色んな人に散々白い目で見られてきた。
(特に、親にバレたときは相当モメた笑)
 
 
一応、こちらの言い分を言っておく。
 
不動産を購入するに当たって、
頭金は全く必要なく、俺自身の手出しはゼロ。
銀行からは最も低金利のローンを組んだ。
(うちの会社の社会的信用度の成せる技だ)
 
銀行へのローンの支払いより
入居者からの家賃収入の方が多いし、
取得税や固定資産税も加味した
金額設計になっている。
 
また、間には保証会社が入ってくれているので、
家賃滞納リスクもなければ連帯保証人も必要ない。
 
自分の懐を痛めることは一切ないわけだ。
それどころか、税金対策に効果てきめん。
 
その上、銀行から多めにお金を引き出しているので、
余剰のお金は利益率の高い他の投資に回している。
(寧ろこっちが目的だが、ここでは多くは語らない)
(知る人ぞ知る、村上ファンドみたいなもんだ)
 
 
どうだ。
 
これでも怪しいと言うのか。
 
(負債額を聞いたら多分ビビると思うけど)
 
 
 
ん、なんだって?
それでもやっぱり怪しいって?
 
どうせ失敗して多額の借金を背負うことになって
四畳半の狭い部屋で首を吊って死ぬのがオチだって?
 
 
よし、分かった。
じゃあ仮に騙されていたとしよう。
 
不動産は今キャッシュフローを生み出しているが、
色々あって消滅して多額の負債だけ残ったとしよう。
その他の投資案件も大失敗して、一生涯では
返しきれないほどの負債を抱え込んだとしよう。
 
 
そ れ が な ん だ っ つ ー ん だ !
 
 
 
俺からすれば、この先何十年も会社で
働き続けることの方がよっぽど恐ろしい。
(会社員も、いいところはあるんだけどね)
 
「退屈な日常に溺れるよりも、
 選んだ自由に傷つく方がいい」
と何かの歌であったような。
 
可能性として、現在の投資で失敗することもある。
でも、何もしなければ一生このままだ。
 
 
うちの会社にも優秀な人間は多い。
だからうちの会社で生き残るためには、
優秀な人材たちとの熾烈な椅子取りゲームを
繰り広げて勝ち続けていく必要があるが、
そこで勝つためには、会社にその身を捧げる覚悟で
貢献し続けなければならない。
 
果たして、それだけの義理が会社にあるのだろうか?
そもそも、それだけの覚悟が自分にあるのだろうか?
今の姿が幼き日の自分が夢に描いた姿なのだろうか?
 
 
何もしないでいるより、
何かした方がいいに決まってる!
たとえそこで失敗したとしても!
 
 
 
 
うん、なんだこれ。
 
ガラにもなく熱く語ってしまった。
 
 
 
…まぁ、もし本当に失敗したとしても、
それを回避する方法も教わったんだけどね。
「自己破産」という必殺技だ笑
(破産って全然リスクないのね、教わってビックリ)
 
 
人がいまわの際に思うことの第1位は、
「もっと冒険しておけばよかった」
であることは周知の事実だろう。
 
なのに、なぜこんなにも行動に
移す人が少ないんだろう。
 
四畳半の部屋で首を吊って死ぬのは
俺もゴメンだけど笑、
正しいやり方を知っていれば
そんな必要はないはずなのに。
 
 
自分が死ぬときは、
「あー、自分の人生は本当に素晴らしかった!」
と思いながら死んでいきたい。