読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

孤独を拾う暗がり

Crap
昨日の晩、地元の駅付近のファミマでの話。
 
 
このファミマは、小さな公園と隣接している。
ファミマと公園の間には舗道が通っているが、
そこは街灯の光が弱くて結構暗い。
 
 
そんな暗がりの中に、
塀に腰かけて座っている女の子を見かけた。
 
 
誰かを待っているんだろうか?
それならもっと明るい場所に座ればいいのに。
しかし結構荷物が多い、家出かも知れない…
…まさか若い売春婦では!?
(この街なら、ぶっちゃけ普通にあり得る)


そんなことを、通りすぎながら色々考えた。
 
通りすぎた後も、かなり気になった。
 
 
…………。
 
 
とりあえず、ぐるっとコンビニを一周する。
もう一度さっきの舗道を通るためだ笑
 
 
当たり前だけど、まだ座っている。
 
 
で、声をかけてみた笑
 
 
声をかけて俺は一体どうしたかったのか。
その辺はあまり深く考えなかった。
 
未成年なら然るべき措置を取るだろうし、
売春婦なら断りゃいい。
とりあえず話を聞きたかっただけだ。
 
 
聞いてみると、家は堺市
親と喧嘩して家には帰りたくないらしい。
 
歳は23歳らしく、未成年じゃなくてひと安心。
いや安心じゃねーよ。
この後どうするつもりなのかを聞くと、
ネカフェに泊まるらしい。
(ナイトパックで1500円!安い!)
 
そうか、未成年でも売春婦でもなかったが、
これが世に言うネカフェ難民というやつか…
(いやまぁ家はあるらしいが)
 
 
その後その子と1時間くらい喋り込んで、
ネカフェまで送り届けた後に家路についた。
 

とりあえず、その子の笑顔が見れて満足。

俺はどうやら、この手の女の子に対して
妙な庇護欲を掻き立てられるタチらしい。
 
まぁ、困ってなかったっぽいし、
結局何もしてあげられなかったけど。
(そもそも初対面の人間をいきなり信用しないか)
 
 
 
ネカフェ難民になりたいとは思わんが、
ああいう自由な生活には憧れるなぁ。