読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

早期治療が貴方を救う

10時過ぎ、大阪に到着。

皮膚科で検診してもらうためだ。
 
 
実は一昨日から、夜になると四肢の一部に
異常なかゆみが発生する事態に見舞われている。
 
蚊に刺されたような膨疹がボツボツと現れ、
堰を切ったように広がっていく。
激しいかゆみのため掻き毟ると、皮膚が
内出血を起こして赤黒く変色し始める。
 
 
蕁麻疹(じんましん)だ。
 
 
今まで生きてきて蕁麻疹が出たことがなかったので、
症状を見ても最初は蕁麻疹だとは気付かなかった。
 
そのため、一昨日の夜は
「何かやばい皮膚病なんじゃないか…?」
「顔に出たらどうしよう、外に出れないぞ…」
などと、結構動揺した。
 
…まぁ、動揺したのは最初だけで、
俺は性格上、すぐに
「まぁ出ちまったもんは仕方ねーや」
「薬飲んだら何とかなるっしょ?」
と、どこか他人事のような気持ちに切り替わる。
 
さらに、朝になったらスッと症状が消えるので、
それもまた俺の楽天主義を加速させる。
 
そうは言いつつも、やっぱり不安だったから
皮膚科に行ったわけだが…
 
 
 
そして向かった1件目。
 
貼紙「体調不良のためお休みします(笑)」
 
…おい。
皮膚科、おい。
(笑)じゃねーよ。
 
マジかよ。
医者の不養生ってやつか、笑えない…
 
 
 
気を取り直して2件目。
 
受付「皮膚科の先生は金曜しかいないんですよ(笑)」
 
ぬああああああああああっ!
ホームページに書いとけよ!
つか、ホームページないのかよ!笑
 
くそぅ、無念…
受付の女の子は可愛かった…
 
 
 
三度目の正直、3件目。
 
お、なんだなんだ。
ここはやってそうじゃないか、よかったよかった。
 
うん、よかったんだけど…
ここのクリニックの診療科、
間違いなくメインは泌尿器科だ。
 
看板に、
泌尿器科・形成外科・皮膚科」
ぐらいのバランスで書かれている事からも、
各診療科に対する力の入れ方が分かる。
(形成外科と皮膚科はもはやオマケ扱いだ)
 
…なぜか入るのに抵抗がある。
 
しかし、この際四の五の言ってられない。
なけなしの勇気を振り絞って、
泌尿器科がメインと思われるクリニックに入った。
 
こじんまりしたクリニックだったが、
四肢にかゆみが出てヤバイということ、
そして泌尿器科には特に用はないことを伝えると、
普通に検診してもらえた(当たり前だ笑)
 
 
診断を終え、薬局で処方箋をもらい今に至る。
これでようやく、あの地獄の苦しみから
解放されるのか…
 
とりあえず一安心だ。
夜の時間帯の平穏が帰ってくることを切に願う。
 
 
 
なお、蕁麻疹はアレルギー性のものと
非アレルギー性のものがあり、いずれの場合も
原因の特定が難しいらしい。
なので今回は根本原因の対応ではなく、
あくまで応急処置的なかゆみ止めと
飲み薬のみを処方してもらった。
 
誤解がないよう、念のため追記。