読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

forLifeMap

仕事、投資、技術メモ、オカルト、その他クソミソな趣味や日常についてあれこれ綴る、日記帳というより雑記帳。忘却の彼方に置き忘れた夢と情熱を求めて彷徨中。

夜は短し歩けど読めぬ

Daily

東京の夜は寒い。すっかり冬だ。
おまけに雨まで降ってきて凍えそうだ。

現在は人形町付近に潜伏中。
近くに飯を食う所がなかったため
浅草まで歩いていこうと思ったら、
気付いたら両国を彷徨っていた。
ここにきて方向音痴の本領発揮。

危うく、もう少しで錦糸町まで
行ってしまう所だった。あんな街の
甘美な誘惑を目に焼き付けてしまったら、
きっと僕は帰ってこれなかっただろう。
くわばらくわばら。


ちなみに僕は結構街歩きが好きで、
その土地々々の空気を感じながら
ぶらぶらするのがこの上ない至福なのだが、
どの地域にも読めない地名というものは
あるものだ。僕でも、

これらは最初まったく読めなかった。
今でも時々間違う。難しすぎるだろ。
つか、関西人には馴染みがなさすぎる。

東京の人間も、恐らく大阪の難読地名は
読めないだろう。僕でさえ最初は

は読めなかったんだから。
とりあえずR25の記事を貼っておく。


ぶらぶら街を歩いて、部屋で映画(Xメン)を
見て、僕は明日に備えて寝ることにした。

はぁ。
ホテル暮らしも手慣れたもんだ。

f:id:hNeumann:20161029000020j:plain

 

エンジニアのキャリアパス

Employed

はてなブログの『paizaの開発日誌』が
すごく面白い。Sierの立場として。


paiza(パイザ)。
GINO(ギノ)株式会社が運営する、
技術者のための転職支援サービス。
その特徴はひとえに、コーディングによる
採用選考プロセスを支援している点である。

f:id:hNeumann:20161024062907j:plain

 

うちの会社でも、新卒採用の中で『技術枠』
なるものが存在し、技術はあるけど口下手な人を
採用する枠組みは設けている。しかしそういった
IT起業(特にSier)は一握りで、基本的には
社会人としての身なり・受答え・立ち振る舞い
といったコミュニケーション能力の素養で
判断するのが概ねの筋道である。

システム業界にいる人なら分かると思うが、
驚異的な変態技術力を持っているにも関わらず
コミュニケーション能力が低いために評価が
低い人間は何人もいる。もちろん評価が高い
人の中には技術力も他のビジネススキルも高い
人もいるが、それはあくまでビジネススキルを
評価されているのであって、技術力が評価される
風土が整っているとはとても言えない。

IPA情報処理推進機構)によると、ITの分野には

  • ストラテジ(戦略)系
  • マネジメント(管理)系
  • テクノロジ(技術)系

の3分野があり、とりわけSIerでは
マネジメント系が重視されがちである。

(ITパスポートという誰でも取れる資格)


技術を学ぶために入社したのに、会社の中で
キャリアパスとしてマネージャーになることを
望んでいるというのは肌で感じられる。
純粋に技術のために技術を求めることは
会社への背徳的な行為なのだろうか?

僕は今現在、転職について検討していないし
しばらくは今の会社にいるつもりだ。
見切りがついたらさっさと辞めると思うけど。
最近は電通の女性社員が自死された件が
ニュースでもはてなでも騒がれていた。
トイアンナさんのブログも読んだ。


東京大学を出て電通で働いていたような
エリートの高橋さんの気持ちを推し量るのは
いささか傲慢な気がするし言及はしないが、
エリートでもなんでもない僕は今の職場に
それほど不満もないため、彼女と比べたら
僕は恵まれているのかもしれない。

最初のpaizaの話に戻る。
SIer起業からWeb系企業への転職を考えている
技術者は少なくないと思うが、そういった
キャリアパスを考えている人にとっては
paizaの下記エントリーが参考になる。

 
…なんか読んでると転職したくなってきたな。

小さな命に愛の手を

Study

忌々しい東京出張最後の夜を過ごしている。
つっても、来週もまた東京に行くんだけど。
こんな状態で、本当に代休を消化しきれる
だろうか。不安である。

昨日までの客先サーバー作業も一段落し、
今日は東京でゆっくり過ごそうと思っていた
矢先、朝から僕のスマホに着信があった。
大阪のうちの部署からだ。

そういった朝からのドタバタに巻き込まれた
からなのか、連日のハードワークが祟った
からなのか、鬼のように冷え込む通信室の中での
作業で体調が悪化したせいなのかわからないが、
今日はあまり外を出歩くこともなく、ホテルの
中でただただひたすら眠っていた。勿体ない…


思うように体が動かずイライラしていた僕は、
ホテルの近くの野良猫にエサをあげにいった。

f:id:hNeumann:20161023233753j:plain



僕が今滞在している街は、都内だというのに
夜は結構閑散としている静かな街だ。
少し歩けば風俗街もあったり、夜に出歩けば
怪しげなマッサージ店、大陸系のお姉様方、
大きな荷物を抱えた家出風の少女など、中々の
場末感を漂わせる、実に僕好みの街だ。

僕が泊まっているホテルも、豪奢でも小粋でもない
小さなホテルで、清潔感はあるものの、どことなく
歴史を感じさせる古ぼけた安ホテルで、立地も
かなり路地裏の奥まったところに存在している。
そして、周りにはかなり野良猫が多い。


僕は、イライラすると小動物と戯れに行く、という
特殊な性癖に苛まれており、今の住まいである
京橋のマンションの周りにも野良猫がたくさんいて
時々彼らにエサをあげて慰めてもらっていた。

無論、野良猫にエサをあげる、という行為は
下記の理由で条例で禁止されている場合が多く、
場合によっては通報されることもあるらしいので
注意されたし。

  • 糞尿や鳴き声等で近隣住人が迷惑だから
  • 猫は繁殖力が強く、殺処分を助長するから
  • エサだけあげてハイサヨナラは無責任だから

ちなみに、僕が住む大阪市では、罰則付きの餌やり
禁止条例は制定していないし検討もしていない。
しかし市としてもこの野良猫問題を放置している
わけではなく、「街ねこ制度」を実施している。


野良猫への無責任なエサやりはNG。勿論そうだ。
一時の自己満足が結果的に猫を保健所に追いやる
形になるからだ。それはきっと愛猫家としても
ハッピーな結末ではないだろう。

人間は社会的動物だ。
猫に対する思いは人それぞれあれど、
人間社会に迷惑をかけてはならない。
皆で決めたルールの上で動かなければならない。
今後は餌やりも控えよう。去勢手術も考え中。

ちなみに当ブログでは、大阪の動物愛護団体
『LoveFive』を勝手に応援しています。
(寄付もしてます)
皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。


眠れぬ夜を抱いて

Study

以前の記事で、僕は
「先行販売のEthereumが送金できねぇ!」
と酷く憤慨していた。


使っていた取引所は、Ethereumの取引もできて
日本語にも対応している『Kraken』である。


僕はここ数日で、一身上の都合によるものだが
なんとしても換金したいという思いがあった。

Ethereumもそうだけど、暗号通貨ってやつは
現時点では実用性に乏しく、あくまで投機的な
手段でしかなかった。もちろん僕も投機的な
目的で購入したわけだが。

しかし、Ethereumネットワークへのアタック事件、
度重なるハードフォークを行う不安定さ、何より、
今後Ethereumは値上がりしていくだろうとは
思いつつもやはり目先の日銭に目が眩んだ僕は、
今所有している分をさっさと売っ払って、次なる
投資への資金にしたいと考えた。市場が上向きに
なる事をただただ祈るだけの投資なんてごめんだ。


しかし、以前の記事に書いた通り、先行販売分の
json形式のファイルウォレットから送金するための
専用ページ(Kraken開発ツール)からは、
"Deposit failed: Invalid params"
という不穏な文字に僕の送金は阻まれた。
ちなみに送金用サイトは下記。

Claim your ether pre-sale wallet


いつまで経っても一向に送金できない状況に
耐えかねた僕は、Krakenのサポートへ問い合わせた。
極力24時間以内に返信します、と書かれていたが、
夜に問い合わせをして、次の日の朝には返信が来た。
なんという強力なサポート体制。

なんでも、Krakenの送金用サイトが利用できない
場合は、下記サイトから送金できるという情報だ。

f:id:hNeumann:20161022071520j:plain

 

やってみたら本当にできた。素晴らしい!
ガスコストやら手数料やらがかかったものの、
僕が所有する1,910 ETHが紛れもなく送金できた。

※Krakenサポート担当のAlan氏によると、
 ウォレットサイトはフィッシング詐欺
 横行しているらしく、送金の際は注意されたし。

こうして無事に送金ができた僕は、
それを売っ払って日本円に換えた。
…もっと値上がりするかも知れないのになぁ、
という逡巡ももちろんあったが、先立つ資金が
必要だし、背に腹は代えられない。

そして今、Krakenのアカウントから僕の
銀行口座へ入金待ちの状態である。
せっかく換金できたのに、これで銀行口座に
移せなかったら元の木阿弥、本当は土日を
跨ぎたくはなかったが、致し方ないことだ。

かくして僕は今もこうして、本当に銀行へ
反映されるかどうか不安な夜を過ごしている。
この精神状態では、今日の仕事にも影響が
出かねない。あぁ心配。杞憂だといいけど。


はてなでは、『墨汁うまい』さんが運営している
『墨汁の暗号通貨情報』が大変参考になる。


暗号通貨はまだあまり社会に浸透していないので
結構専門的な内容になっているが、ここの速報は
本当にタメになる。半分くらい理解できないけど。

上記ブログではBitcoinあるいはEthreumの寄付を
募っているが、残念ながら僕は1円分の寄付すら
できていない。心ある人は、心ない僕に代わって
気持ちばかりの寄付をしていただけたら幸いである。
特典もあるし。

消滅可能性都市の夜

Employed

再び東京出張中。
最近の仕事ぶりと来たら、大阪支社を離れ
大阪某所で倉庫作業に勤しんだり、頻繁に
出張に駆り出されたり、何かと人使いが荒い。
しかも、潜伏期間が4日間と地味に長い。

現在は東京の豊島区に潜伏中。
豊島区と言えば、『月曜から夜更かし』で
消滅可能性都市という不名誉極まりない
呼び名で紹介された地域ではなかったか。
結構前の話だけど。

f:id:hNeumann:20161020222743j:plain


それを受けてか、豊島区では
 豊島区消滅可能性都市緊急対策本部
 リノベーションまちづくり検討委員会

なる機関を設け、消滅を回避すべく
日夜尽力しているらしいが、果たして
本当だろうか。


僕は出自が田舎なので、こういった自治体の
統廃合の憂き目は色々とリアルタイムで
見たことがあるが、東京23区内でもこういった
ことが起こるというのはいささか驚きである。
池袋なんかは栄えてる方だと思うけどねぇ。

日本の人口が全体的に減少していき、
ライフスタイルも多様化していく中、
人口というパイの奪い合いが起こることで
潰れていく自治体が出てくるのは極めて
もっともなことだと思うが、いかんせん僕は
「まちづくり」的なフレーズに弱い。

とりあえず、「豊島区 観光」でググって
ヒットしたページをいくつか適当に貼り付けて、
豊島区への応援と代えさせていただきたい。


しかし、自治体の公式HPってやつは
つくづくイケてねぇなぁ…

海外積立投資は慎重に

Study

先週の後半からはいつもの仕事場を離れ、
大阪市内の某所での倉庫作業に勤しんだ。
段ボールの運搬、開梱、検品、そして梱包、
サーバーのラッキングやケーブリング等、
手を汚し、汗だくになりながら懸命にこなす。

なるほど実にクリエイティブな頭脳労働である。
実にエンジニアらしい。実にスマートな環境だ。
というか、社外の倉庫作業はむちゃんこ気楽で、
なんならずっとここで仕事をしてたい気分になる。

こういう書き方をするとブルーカラーの人は
気を悪くするかもしれないが、たまには
ラフな格好で体を動かす仕事も悪くない。
いやホントに。給与は保障されてるし。サイコー。

f:id:hNeumann:20161015234914j:plain


昨日は、どこぞの海外積立の話を聞いた。
どこかというと、まぁこの辺のサイトに
書いてある、調べれば出てくる有名どころだ。


ロイヤルロンドンやらインベスターズやらは
本当に有名で、人伝に話を聞いて飛びついて
加入した人も多いのではなかろうか。

外積立は、人によってはいい投資になるだろう。
資産を円だけで持っておくことはリスキーだし、
長期であれば複利の威力を体感できるはずだ。
しかしそれでも、せめてIFAや保険会社は他社と
徹底的に比較してから決めろと言いたいが。


ちなみに僕は、この海外積立という投資に
どうにも魅力を感じない。食指が動かない。
なぜか?それは単純に、10~25年という
長期間を待つのに僕が耐えられないからである。
そんな先の世界の外貨なんて、その価値が
どうなってるか分かったもんじゃないし、
絵に描いた餅など信用できるハズがない。

この辺は、僕の師匠の影響が大きいかもしれない。

 

まぁ、タンス預金や定期預金よりかは
まだ投資にはなるから、幾分かの資産は
そっちに回してもいいかもだけど。

さーて、まだまだ勉強しなきゃ
いけないことがてんこ盛りだ。

追憶の彼方へ

Daily

仕事の休憩中、財布にやたら細かい小銭が
多いことに気付いた。10円玉が6枚、
50円玉が3枚くらいある、買い物時に
お釣りを加味せずお札で支払いまくった場合に
陥る、怠け者にありがちなケースである。

ちなみに、僕は基本的にお釣りがまとまるように
頭で計算して支払をするようにしているが、
それでもめんどくさくてやらない時もある。

f:id:hNeumann:20161013230327j:plain


僕は昔、財布に小銭が溜まってしまった場合、
自動販売機を使って両替を行っていた。

例えば、10円玉5枚、50円玉1枚を入れた後に
お釣りレバーを引くと、100円玉1枚が返ってきた。
こうして、細かくなりすぎてしまった小銭を
集約することが可能だった。


この両替の小技を覚えた僕は、当時
自慢げに友人に話していた。
「お前、よくそんな悪知恵を思いつくな…」
そんな風に友人に言われ、僕はいっそう
得意になっていた憶えがある。

人が思いつかないようなことを思いつく。
他の人が知らないような事を知っている。
そんな小さな優位性が、幼き日々の僕の
自尊心や虚栄心をくすぐった。


もっとも、それ以降の僕が、他の人と全く
違うオリジナリティー溢れる生き方を
選んだかというと決してそうではない。
無難で堅実で没個性的な生き方を選んだ。

幼き日の僕は、自分は特別な存在で、
自分は何でもできるし何者にでもなれる。
そんなことを考えていたが、年をとるにつれて
淡い幻想を抱くことはなくなった。自分は神に
選ばれた特別な存在ではないと気付いたからだ。

そんな僕が再び、今の生き方に疑問を感じて
新しいことを始めているんだから、人生ってやつは
本当に面白い。さてさて、どうなることやら。


ちなみに、今の自動販売機では、投入した通貨を
一時的にプールし、返却時は投入した通貨を
そのまま返す仕様になっているらしく、昔できていた
通貨をまとめる両替の小技はできなくなったようだ。
(古い自動販売機では今でもできるらしいが)

まだこの世界の酸いも甘いも知らなかった
幼き日の僕の悪知恵は、今の自分からすれば
随分どうでもよく、随分可愛く思える。

なんとなく、少し前に流行った
「思い出は億千万」が思い出されたため、
そちらの動画を転載して当エントリーの
締めくくりとしたい。


子供の頃に戻りたいとも思わないし、
今の自分はそこそこ気に入っているし
日々の生活は充実して満足もしている。

…それにしても、沁みるなぁ。

偽物だから消える

Daily

Amazonプライムで映画『紙の月』を見た。
『八日目の蝉』の作者である角田光代さんの
ベストセラー小説が原作だそうだ。
監督:吉田大八、主演:宮沢りえ

f:id:hNeumann:20161011235857j:plain



以下、関連サイト・ブログをご紹介。
※リンク先はネタバレあり!


ざっくりストーリーを書くと、銀行の契約社員である
梨花宮沢りえ)が大口顧客の孫と不倫関係に陥り、
彼のために横領に手を染めていく…という感じだ。
(我ながら本当に簡単なあらすじである)

角田光代さんの本は今まで読んだことがなかったが、
この作品は一時やたらツタヤの広告で流れており、
僕の中でなんとなく見たい作品になっていた。


いざ見てみると、色々と思う所はある。
「不倫するの早すぎ」とか。
「よく警察から逃げ切れたな」とか。
「主人公の手癖の悪さは天性のもの」とか。
「2階から飛び降りて全力疾走とかマジかよ」とか。

与えることによって庇護欲を満たす梨花の善意は、
すべて誰かの犠牲の上に成り立つ善意だった。
そんなものは善意でも何でもないただのオナニーだ。
それも、とんでもなくはた迷惑な罪深きオナニーだ。
そういえば、この映画は濡れ場が多かったな…


退屈だったはずの日常は目紛るしく変わっていく。
そこで得られた幸福は仮初めの幸福であると自覚
していて、偽物だからいつか消えると分かっている。
でも彼女は自分を満たす方法をこれ以外に知らない。

梨花は、高校時点で「善行とは何か」についての
価値観が著しく歪んでいる。高校生ともなれば、
人としての倫理観も備わっていてもいいはずなのに。

救いたい人が目の前にいた時に、善悪の見境なく
盲目的な行動をとってしまうのは、周囲にとっては
迷惑以外の何物でもない。救いの手が汚れていると
知った時、その人はきっとその手を取ってくれない、
と彼女は思わないのだろうか。


いずれにしても、彼女の行動は全て否定されるべき
ものだし、ラストシーンの後味もそこそこ悪い。

しかし、映画としては非常に面白いし、素人目でも
構成や見せ方が上手い。役者の演技も素晴らしい。
何より僕は、こういう人間の鬱屈した昏い部分が
見える映画は結構好きなので、オススメである。


最後に、この作品の登場人物・隅さんのセリフが
非常に印象に残ったので書いておく。

幸せだから横領したの?
信頼してくれた人裏切って、

好き勝手にお金使って、
自由ってそういうこと?


確かに偽者かもね、お金なんて。
ただの紙だもの。

だから、お金では自由にはなれない。

…あなたが行けるのは、ここまで。


名シーンだと思った。
ご視聴されてない方は、ぜひ。

癌になったらガーンですわ

Health

僕の友人には、ファイナンシャルプランナーとして
独立している男がいる。今日は彼と会い、
がん保険の話を聞かせてもらった。

僕はまだ三十路で、正直がん保険と言われても
その必要性についてピンときていなかったが、 
考えるきっかけになったのはこちらの記事。


保険の仕組みが複雑なのか、僕の頭が悪いのかは
定かではないが、保険というのは分かりにくい。
そもそもあまり興味がなかった僕は、自分がどんな
保険に入っていて何を保障してもらえるかもほとんど
把握していなかった。大変お恥ずかしい話である。

僕が今現在加入しているのは某国民的共済。
月々の掛金は1135円で交通災害を保障してくれるが、
補償範囲はまさしく「交通災害」の範囲のみ。
すさまじい1点集中型の保障である。マジか。
もちろん、がん保障がある共済には加入していない。


僕の友人は元々、某保険会社で営業経験があったが、
営利目的すぎる保険営業、加入者のためにならない
商品の多さに嫌気がさしたために独立した男である。
当然「いい保険商品」に関する知識は非常に豊富だ。
そんじょそこらの外交員とはワケが違うのである。

僕はもう既に団体信用生命保険に加入しているし、
死亡時や寝たきりになった時の対策は万全。なので、
今回検討したのは医療保険(主にがん保険)であり、
医療保険にがん特約も付けた形で加入した。
安い掛金と充実した保障が特徴の「新CURE」である。


今回はがん保険に関する話がメインだったので、
がんに関する保証が手厚いこの商品は魅力的だった。
今のところ、自分ががんになったときの事など想像も
つかないし、周りにがんになった人もいないから
どうなるやらという感じだが、備えあれば憂いなし。

ちなみに、三大疾病と言われてる

について、日本人の罹患率はこんな感じ。

f:id:hNeumann:20161009233549j:plain

※三大疾病のイメージ


三大疾病の中でもがんの罹患率は特に高いらしい。
日本人の2人に1人は発症するとかなんとか…

もうこの数値を見ると、どれだけ健康に気を付けても
なる時はなるんだろうなぁと思うので、三大疾病の
特約は入っておくことに越したことはない…
(拡張版の七大疾病についてはいったん検討中)


がんにも心筋梗塞にもなりたくない…
でも一番いやなのは寝たきりだなぁ…

僕はそんな不安や恐怖を脳裏に駆け巡らせながら、
今日も酒を飲んで煙草を吸って寝ることにした。

袖振り合うも多生の縁

Daily

今日は友人の結婚披露宴だった。

もう既に親族のみで挙式は執り行ったらしく、
日をずらして披露宴を設けてくれたのである。


彼は大学時代からの僕の数少ない友人の一人で、
大学卒業後も何かと付き合いのある人間だ。
京都に引っ越した祝いに飲みに行ったり、
婚活パーティーの帰りに飲みに行ったり、
あとはまぁ、ただ普通に飲みに行ったり、
要するにただの飲み友達である。

我々は大学で数学という高尚な学問を共に学び、
お互い切磋琢磨して崇高な精神を築き上げた。
というのは嘘で、僕は彼には世話になりっぱなしで
試験前は彼の家に無理矢理おしかけ、夜もすがら
試験内容を隅から隅までご指南いただいた。
僕が大学・大学院時代を平穏に過ごすにあたって
大変重要な人物であった。

修士課程を修了した後すぐに就職した僕とは違い、
彼は通常3年かかる博士課程を2年で修了し、
その後は日本学術振興会の特別研究員として
京都大学で数学の研究に傾倒。アメリカやら
インドやら世界各国を飛び回っては学会に参加し、
今では助教というポジションをすっ飛ばして
某国立大学に講師として勤務している、
僕からすれば完全な数学エリートである。


大学時代から何かと話が合い、馬が合い、
よく分からないけど飲みに行く数奇な縁。

そんな奴の晴れ舞台である。
何やら感慨深いものがあった。

僕は基本的に人の結婚式やらに呼ばれるのは嫌いで、
なるべく呼ばれないように徹するスタンスだが、
(詳しくは僕の過去のエントリー参照)
今回はあまり倦怠感もなく、普通に参加して
普通に楽しかったし普通に祝福した。


同席した大学の同期達も、どうやらほとんど
結婚しており、中には既に子供もいた。
(僕らの年次からすれば割と普通の事だけど)
僕もそろそろ真剣に考えないといけない…

とりあえず、大学時代から社会人時代まで、
色々と世話になった数学エリートの彼に、
心からの祝福の言葉と、これからもよろしくと
伝えたい。本当におめでとう。

f:id:hNeumann:20161008222447j:plain


永遠に幸あれ。